スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

猫のような創造的生き方

激動の年2012年も今日で11日目。

特権階級が牛耳るピラミッド型社会の矛盾が露呈し、今までのシステムが崩れだし、
より平等な、一人一人の違いが活かされ、他の命や自然と共存する、
そんな社会への胎動が始まっているように感じます。

ようやくだなぁ~・・・待ってました!!!って感じます。
誰に言われたのでもないけれど、小さい頃から、そんな世界になればいいなぁって
ずっと思ってきました。

だから私になりに、人同士がどう関わればよりいい世界になるのかと、
心理学やコミュニケーションを学んだり、
色んな生き方を知りたくてメディアの世界に入ったり、NYで暮らしたり、
そして、一人一人の個性をつながりの中で活かし合えるようにと、
様々なセミナーやカウンセリングもやってきました。

色々やってきたけれど、私にとって一番チャレンジングだったのは、子育てです。

初めての本を書き上げた時、そろそろ子供がほしいなと思いました。
常識の枠を超えて一緒に何でも感じ合える子供との楽しい毎日・・・
そんな想像に胸がワクワクしました。

そして、思った途端に、何故かすぐに妊娠。
出産予定日から算定された受精日は、正に子供がほしいと思ったその日でした。
ちなみに、幼い頃の娘いわく、
「ママが子供を産もうって決めるのをずっと上から見て待ってたから、
すぐに来たんだよ」とのこと。

夢が現実に♪ ルンルン・・・と思いきや、現実は厳しかった。

妊娠した途端、ものすごいつわりで、何も食べなくても吐き続け、ガリガリに。
その後も切迫早産で入院し、出産直前まで身動きできず、
仕事から何からあらゆることを断念。
やっと出版された自分の本も、本屋で見ることもできず、
絶対安静おこもり状態のまま、出産。

陣痛から24時間後、死にそうになりながら何とか生んだ時は、まさに昇天しそうでした。

体は確かにボロボロだったけれど、それよりも、可愛くて、愛しくて、有難くて、
世界のありとあらゆる存在が光り輝いて見えるほど、嬉しくて、嬉しくて・・・

今まで嬉しいことは色々あったけれど、あの時の嬉しさには何物も及びません。
あまりの嬉しさに、超寝不足で憔悴しきっていたのに、
一晩中ずっと娘を見ていました。


しかし、もっと大変な日々は、その後に待ち構えていました。

娘は、とにかく自分の思いやこだわりがとっても強い子で、
周りの世界が目に入らないタイプ
私が夢見た子供と共に感じ合う喜び・・・そんなものは、こっぱ微塵に吹き飛び、
細かくは書きませんが、シングルマザーで育ててきたのもあって、
とにかく本当に色々と大変でした。

人が何と言おうと、よく死なずに気も狂わずに頑張ったと、
私は私をほめてあげたい!!


ただ、私のセミナーでもよく言っていますが、
思い通りにならないことは、今までの自分の器を広げる学びのチャンスだと思うので、
私にとっては、最大の学びを与えてくれるのが、娘なのでしょう。


その娘も、ようやく14歳。相変わらず、自分の好きなことをずっとやっている子です。
娘が好きなのは、絵を描くことと、小説を書くこと。

これは、今年の年賀状用に描いた絵です。

娘の年賀状の絵


絵は習ったことはなく自己流なのですが、
見ているとストーリーが浮かんでくるようなムードのある絵をよく描きます。

私から見たら、とてもステキと思うのですが、本人はなかなか人に見せないのです。
自分なりの理想イメージがあるらしく、それに到達しない限りは見せたくないようです。

そんな娘が、ようやくブログを作り、少しずつ絵を見せようと思い始めたようです。
よかったら、時々見てやってくださいませ。

※Milky Way というブログから、『雪月花』というブログに変更しました。

ブログ 雪月花 

娘が、あいさつ用の絵も描きました。(以前のブログ“Milky Way”用のものです。)

ブログへのお誘い


娘は小説も書いているのですが、これがなかなかすごいのです。

去年の私の誕生日には、私を主人公にした小説を書いて、
手作りで本に仕立てて、プレゼントしてくれました。
私の子供時代の思い出をちりばめたダイナミックな創作小説で、
ストーリーの中に私への助言のようなメッセージも何気なく入っていて、
その深さに思わず号泣してしまいました。

小説も色々書いているようですが、なかなか見せてくれません。(いつも、ケチ、ケチと私は言っています。)
いつかブログにも載せていくそうなので、待っていたいと思います。


で、私は娘自慢をしたいのではなく、これからが伝えたいことです。

娘が絵や小説が上手なのも(私は上手と思ってます)、
勿論、もって生まれた個性や才能もあるかもしれませんが、
私は、何より、自分の思いを突き通す強靭な『こだわりパワーのなせる技
と思っています。

娘は小さい頃から、理屈を超えたこうしたいという思いがとっても強く、
言い出したら、何を言っても止めても全くきかず、周りの迷惑顧みず、
自分の思いにとことんこだわり続け、その頑固さは人並み外れていました。

こだわり石をも穿つ!とでも言わんばかりに、
私から見たら、ど~でもよさそうなことにこだわり続け、
どんなに困るからと状況説明しようと、自分のこだわり以外は目にも耳にも入らず
大騒ぎする我が子に、仕事・家事・育児を一人で背負った多忙なシングルマザーの私は、毎日振り回されっぱなし。

それまでは、自分で操縦かんを握り、自由に飛んでいるような人生だったのが、
いきなり、目の前の土や石と格闘しながら、あてどない穴をひたすら掘り続ける
モグラさんになったような気分でした。

私としては、とってもとってもとっても大変でしたが、
娘の自分の思いへのこだわり力こそが、
自分なりの世界をどんどん深めていくパワーになったような気がしています。


今の時代、自分の本当の望みが見えなくなり、道に迷っている人が多いように思います。
安全な道を選ぼうと、周りに合わせて、自分の思いや感性まで押し込めてしまいがち。
物理的には不自由なくうまく生きていても、
自分の心が本当に喜ぶ生き方をして、自分ならではの生きがいを感じているか・・・
自分の心に嘘はつけません。

どちらかというと、メインの生き方の中でたまるストレスを紛らわせるために、
飲んだり食べたり、人と話したり、物を買ったり、旅したり・・・
という人も多い様な気がします。

そんな中、周りの思いに振り回されず、ひたすら自分の感性を指針に突き詰めていくのは、実はなかなかできないことなのかもしれません。


私自身、周りに流されず、かなり自分の思いを通してきた方だと思いますが、
娘を見ていると、全然かなわないなと思います。

私はどちらかというと、自分の興味や思いを周りに役立つ形で出そうとしてきたので、
知らず知らずに枠が狭くなっていたように思います。

周りがどう思うかとか、役に立つかどうかなど気にせず、
もっと自由に自分の思いをはばたかせ、それを自分に体験させてあげる・・・
すると、目的志向ではない、自分でも想定しなかった思いがけない何かが生まれてくる
のかもしれません。


娘を見ていると、
いいとか悪いとか、役に立つかどうか、意味があるかどうかなど、
全然気にしてないのです。

ただあるのは、自分が何を望むかだけ。

その時々に湧いてくる、理屈を超えた自分の欲求や感性にとっても正直に
それに応えようと生きているのです。

まるで、猫のよう。
娘は猫が大好きで、部屋の中は猫グッズだらけだし、本人もまさに猫性格。
ブログでも星猫と名乗っています。

そんな猫的な、思いのまんまのあり方から、
面白い絵や小説の発想が湧いてくるのかもしれません。

娘を見ていると、これじゃいけないと抵抗感もあるものの、
どこかでハートの扉がノックされるような、
うまく生きようとするあまり、置いてきぼりになってしまった大事な宝物があるよって
ささやかれているような感触を感じます。

勿論、娘なりに悩みもストレスもあり、色々と大変なようですが、
私にとっての学びのテーマを、娘は無意識で与えてくれているように感じます。

創造の力は、理屈や常識を超えた器にこそ流れ込み、
インスピレーションとなって湧き上がるのだと。



あなたは、どうですか?
心のままに感性のままに、猫のように生きる自分を、どれくらい許していますか?

ピラミッド型社会の中で安全な場所を確保するために埋めてしまった宝物が、
そこには眠っているような気がするのです。

スポンサーサイト
01 : 11 : 11 | 新時代への生き方 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

2012 龍神年は全てと調和する“大和心”で!

新年と共に、私もブログの世界に仲間入りしました。
私なりに大事に感じる思いをざっくばらんにお伝えしていきます。
読んでいただけたら、嬉しいです!

いよいよ大変化の年 2012年、辰年の幕開けですね。
まずは年賀状でご挨拶!

2012年のご挨拶


辰、龍と言えば、日本列島自体が龍体だともいわれるようで、
人工衛星から見た写真でも、日本は本当に龍の形に光っています。

宇宙から見た日本

龍は神社に行くといつも雄々しい姿で出迎えてくれます。私も龍神様は大好き!
龍神様には今まで色々と不思議なご縁がありました。
聖地のような場所に行くと、その場所に入る前にいきなりものすごい豪雨になり、
着くとカラリとやんでしまうことが多かったのもその一つ。
龍神様の浄化の雨だったのでしょうか。

風や雨などの自然現象を司る龍神様。
その力によって、日本は守られてきたのかもしれません。

大地、水、緑、虫、動物・・・自然界はあらゆる種類の環境や生き物であふれており、
それらが互いに生かし合いながら、ミクロ的にもマクロ的にもびっくりするような緻密なつながりの中で美しい調和を保っています。

私たちの母なる地球が、命あふれる奇跡の星としてキラキラと息づいているのも、
自然界の一つ一つが大きなつながりの中で生かし合っているからこそでしょう。

その中の何か一つの存在が欠けても、全体の調和はだんだん乱れていきます。


ところが、自分自身もそのつながりの一部として生かされているのに、
自然への感謝を忘れ、自分たちに都合のいいように自然を利用しようと切り刻み、
大事な自然界のつながりを破壊している・・・悲しいかな、それが人間。

他の動物より賢いのでしょうが、そんな賢さの使い方でいいのでしょうか?
賢さを何のために活かすか、それこそが大事でしょう。


自然を壊し、人間以外の生き物をどんどん滅ぼし、周りの命への影響も考えない無責任な原発も作り、もうすぐ地球も壊れそう。
そんな自然と離れた人間の生き方への警鐘が、あの原発事故だったような気がします。


四季折々の自然の恵みあふれる日本は、本来、
自然界の全てを八百万の神々としてたたえ感謝し、自然と共に生きてきました。

虫の声を歌として風流に感じるのも、世界の中で、日本人独特の脳の働きのようです。
母音基本の日本語を使う為のようですが、理屈を超えて感じる力、自然や周りの流れと共鳴する力がとても大きいのが日本人の特徴なのでしょう。

世界中のあらゆるものを取り入れ、それを誰にでも使いやすいように洗練した形として生み出す力があるからこそ、日本の経済成長もあったのでしょう。
理屈を超えた柔軟で受け皿の大きい日本人の力をどう生かすか、今問われているように思います。

悲しい大きな犠牲を出した震災や原発事故の教訓を無駄にしないためにも、
日本人本来の力を活かし、もっと自然を大事にした生き方へ、
自然界に習って、お互いの様々な個性や違いをつながりの中で活かし合い、
人同士も、自然とも共生する生き方にシフトする必要を痛感します。

本来の日本の心、大きな和の心を "大和心" と呼んでみました。

そんな大和心をもって、私達人間も自然の一部であり、大きな自然のつながりの中で生かされていることを思い出し、人同士はもちろん、あらゆる自然界の存在と和す生き方をしていきたいと思います。


と言っても、便利な科学技術を捨て、昔ながらの生活にということではありません。
自然と共生する科学技術をもっと活かせば、自然界のあらゆる存在を大事にしながらの便利な生活は充分可能でしょう。

日本国は今まで50年間、毎年5千億円も原子力に補助金を出し、その総計は25兆円になると言います。
54基ある原発全ては、政府からの補助金、つまり私達の税金で作ったのと同じです。

そのお金を、すでにたくさんある自然エネルギー技術の推進に向けたら、どれだけ自然と共生する生き方の現実応用化が進むことでしょう。

海に囲まれ水も豊かな火山国日本ですから、太陽光はもちろん、波力、地熱、風力、小規模水力など、原発に限らず、いくらでも自然エネルギー利用は可能で、その進んだ技術も既にあるようです。

ただ、それらの技術を現実化しようというサポート体制が日本には無かったので、日本では実用化されず、技術を海外輸出し、例えばアイスランドなどでは日本の地熱発電技術による実用化が随分進んでいるとのこと。
日本はどこを掘っても温泉が出そうな国土、地熱発電にぴったりなのに、ひたすら税金は原発推進のために使われ、それ以外の技術は育てようとしてきませんでした。


クリーンで安全な原発推進エネルギー政策という表向き看板の裏には、
電力会社、国、企業、メディアが結託した利権構造があり、それを維持する為、たくさんの嘘で固められてきたという現実が、悲しいかな原発事故によりようやく広く知られるようになりました。
悲惨な原発事故でもない限り、日本国民の原発絶対という集団催眠もとけなかったのでしょう。

もう今までの国、企業、電力会社、メディアのやり方にただ従うだけでは、本当のことは見えてこないし、一人一人が大切にされ、自然とも共生する社会の実現はあり得ないでしょう。

長いものに巻かれろ的に、ただオカミのやり方に従うのではなく、私たち一人一人が日々の生活の中で、何が本当に大事なのかを感じながら選んでいくこと、声を上げていくことが大事に感じます。

エネルギー問題だけでなく、日常の中で私達ができることはたくさんあります。
洗剤1個、食品1つ選ぶにも、地球にやさしい選択をすることはできるでしょう。
一人一人が変わることが、大きな目で見たら、消費者の需要を変え、生産者の在り方を変えていくでしょう。

地球のあらゆる存在を心の中で大事に感じ、意識すること、それによって、
日々の暮らしの中での行動の仕方、何かを決める際の選択の仕方が変わり、
そんな人が増えることで、自然の大きなつながりを大事にする社会に変わっていくと思います。

人間の賢さは、地球の生き物の覇者として地球を滅ぼすためにではなく、
美しい命あふれる地球を守るためにあると思います。


今、本来の自然神が活発に動いているのを感じます。
辰年の2012年、龍神様がさらに活躍していきそうです。

今までの人間社会の在り方を見直す必要のある、大きな変わり目の時、
一人一人が自然と心合わせた生き方をすることを、母なる地球も望んでいるでしょう。

地球の自然の大きな恵みに感謝し大事にする“大和心”をもって、
響き合える仲間とつながっていきたいと思っています。





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

00 : 00 : 00 | 新時代への生き方 | トラックバック:(0) | コメント:(11) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。