スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

人を幸せにする『聴く力』

人を幸せにする『聴く力』

話をきくのは、話すより受動的で簡単に思われがちですが、
実は、本当にきくのは話すより難しく、
人を大きく変える力さえあると思います。

『きく』にも二通りあるでしょう。
耳で言葉だけを『聞く』のと、耳+目+心で『聴く』で、
これらは、雲泥の差があります。

人って、本当の思いはなかなか言わないと思います。
相手とぶつかりそうな思いや本音を伏せるのはよくありますが、
自分でも意識していないような思いが心の底に隠れているものです。

例えば、近しい人に「だいっ嫌い!」なんて言う時は、大体、
「大好きなあなただからこそ、私の事をわかってほしいのに、
そうじゃないなんて、ヒドイ!」という
大好きの裏返しである事が多いもの。

喜怒哀楽どんな感情でも、強い気持ちが湧いてくる時は、
その根っこには「本当はこうして欲しい」という望みがあり、
望みが叶えば喜びが湧き、望みが裏切られると
がっかり、悲しみ、怒りなどのネガティブ感情が生まれます。

ただ、湧いてきた表面的な感情は誰でも意識しますが、
その奥にある自分の本当の望みには気づかないことが多いのです。

だから、「だいっ嫌い」と言ったのに、相手が去っていくと、
今度はとても悲しく淋しくなり、
自分の望みを満たしてくれない相手を今度は恨んだり、
益々感情がこんがらがって、自分でもどうしたいのかわからなくなったり・・・

自分の本当の 望みに気づいていないと、
表層的な悲しさや怒りに振り回され、
本当の望みを叶える方に進むよりも、逆方向に暴走し、
悲しい出来事がますます悪化することにもなるでしょう。

だから、ネガティブな感情はいただけないと、
表面的には押さえ込みがちでしょうが、
抑え込んだ感情は溜まって滞り、心が苦しくなり、
いつかは爆発します。

ネガティブ感情を押さえ込むのではなく、
その下の本当の望みに気づき活かせばいいのです。

表層感情はネガティブでも、その下の本当の望みは
人間共通の自然なもので、ちっともネガティブではないことがほとんどです。
「自分をわかって欲しい、認めてほしい、受け入れてほしい、愛して欲しい」等々でしょう。

そして、その満たし方は個人によっても文化によって多様で、
状況に合わない満たし方だと問題になるので、
状況に合う満たし方を工夫すればいいだけです。

とは言っても、そんなに冷静に客観的に自分を見られないのが人間ですよね。
自分の表層感情はよくわかってはいても、
本当の望みからは目をそらしていることも多いもの。

だから、『聴く』のがとても有効なのです。
人に話を『聴いて』もらうと、もつれた感情がときほぐされ整理されて、
今感じている感情の下にある、自分の本当の望みが見えてきます。
そして、進みたい方への答えが自分の中から湧いてくるのです。

私はそれをカウンセリングで行なっています。
すると、話すのが苦手と言う人でも(対人恐怖の方でも)何時間も話し続け、
「もうこんなに時間がたったのですか? あっという間ですね」とよく驚きます。
きちんと受けとめえさえすれば、誰でも自分の思いを話したいものです。
話下手という人は、うまく聴いてもらえなかったので、
話しづらくなっているだけではないでしょうか。

では、どう聴くのか?
言葉の奥にある相手の思いを受けとめながら聴いていくのです。
すると、話と共に様々な感情が湧き上がり、
本当の望みをあきらめざるを得なかった悲しさや、
それを感じないように身につけてきた生き方等も見え、
その下には本当の望みが見えてきます。

ただ、押し込めてきたネガティブな感情は、気付くだけでは消えないので、
それを癒して解放するワークもカウンセリングやセミナーではしています。
すると、滞りが取れて、自分の本当の望みに向かって進んで行き易くなります。

そんな聴き方を日常で出来るようにお伝えするセミナーが来週から始まります。

関東学院大学の公開講座で全6回で行ないます。
前にも公開講座で行ないましたが、皆さんに大変ご好評いただきました。
前回の参加者アンケート(文末)もご覧ください。
以下、そのご案内です。

--------------------------------------------------

~介護、子育て、どんな人間関係でも役立つ~
●心が元気になるカウンセリング的会話術●


誰かが問題を抱えている時、アドバイスして助けようとしがちですが、
本当の解決策は本人の中にあります。
もしアドバイス通りにしてうまくいっても、本人の力や自信にはならず、
いつも誰かに頼るようになったり、うまくいかない時は相手のせいにしがちで、
本人の責任感も自由も小さくなっていきます。
悩んでいるのは、感情や思いで頭がいっぱいで、
自分の中の答えが見えなくなっているからです。
そこで、気持ちに寄り添いながら、感情を深く聴いていくと、
気持ちや思いが整理され、本人の中から解決策が見えてきます。
自分で感じ考えて決める事で、自分らしく自信を持って生きる力が磨かれます。
カウンセリング技法を活かして気持ちや思いを深く聴く力を磨き、
その人らしく生きるサポートをしてみませんか?
生きる力やあたたかな関わりを生む会話の秘訣を
楽しい実習で体感していきます。

【コースの流れ】
第1回 問題が起きる仕組み  感情と期待
第2回 受け入れる力 傾聴・共感
第3回 感情を整理する聴き方
第4回 相手の中の答えを引き出す聴き方
第5回 選択肢と解決策
第6回 心が響き合い生きる力を生むコミュニケーション

【日程】全6回 5月19日~6月23日(月)10:30~12:30AM

【会場】 関東学院大学 金沢八景キャンパス
 (神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1)
京浜急行・シーサイドライン「金沢八景駅」下車徒歩約15分またはバス
バス:京浜急行バス 八8系統関東学院循環で「関東学院大学」下車すぐ
   京浜急行バス 4系統追浜車庫行きで「内川橋」下車徒歩2分

【受講料】全6回分 一般7,800円 学生1,000円 

【講師】松尾 直子
  カウンセラー、各種セミナー講師、大学非常勤講師
  著書「インナー・チャイルド」講談社

【申込み】 関東学院大学 生涯学習センター TEL 045-786-7892
ガイドブックを、上記に連絡してお取り寄せになり、
ガイドブック巻末折り込みの「春学期 公開講座申込ハガキ」に
必要事項をご記入の上、郵送またはFAXにてお申し込みください。

【前回の参加者の感想】

●参加して本当に良かった!! 松尾先生の言葉にめぐり合えたのも、これがチャンスだったのだと思います。
自分の人生にパァ~と光が差し込んだ、私の固まっていた感情をとくきっかけとなり、実になった講座でした。
人と話すこと、つながることは誰にとっても大切。そして、共感・共有・共鳴することはすごく楽しいことに改めて気づきました。人間っていいな~!
今後も自分に正直に人と関わっていこうと思います。

● 人と人とのつながり、気持ちを通い合わせる事こそ、人として生まれてきた意味なのではないかという事を深く感じられる素晴らしい内容の講義でした。
全ての人が意味あって生まれてきたという事と、尊重され愛されるために生まれてきたという事を伝え合えるよう、これからも出会いを大切に、ここで学んだ事を活かしていきたいです。ありがとうございました。

● 回を重ねるうちに、自分のこれまでの人生、心の在り方などがくっきりと浮かび上がってきて、驚きました。
3人でのワークは、自分がカウンセラー役をつとめた時に、クライアントの方が最後には涙があふれ、私自身も涙があふれ、共感できることを実感しました。
私の心の内にある琴線と、クライアントの方の実体験がまさに一致したからかとも思いました。
本当に素晴らしい講座をありがとうございました。

● 毎回興味深く、2時間があっという間でした。奥が深いので、もっともっと学びたかったです!(終わってしまうのが残念…)極度の出不精な私ですが、とても楽しく通う事ができました。
この講座を受けたおかげで、1歩、2歩、3歩前進することができました。ありがとうございました。

● ワークが良かったです。終わった後は心がすっきりして「来て良かった」といつも思いました。

● 自分の中で、カウンセリングマインドは十分に培われていると自負していました。しかし、この講座を通して、そうではなく、カウンセリングスキルを高めようとしてきただけではなかったかと反省させられました。
マインドを育てるのが今後の課題になりました。日常生活の場を、カウンセリングの場と同じように、無意識で行動できるようになりたい。
ワークは充実していました。日常生活の中で、お互いに"ありのままの自分"が出し合える、そんな雰囲気を自分の周囲に作りたいと思う。

● 他の方のアンケートや、それに対する先生のコメントがとても参考になりました。ワークなどは楽しく、もう終わりなのか…と思うほど、早く過ぎてしまいました。

● 参加させていただいて本当に良かったです。ワークをやらせてもらって本当に勉強になったし、毎回心が軽くなりました。人に話すとスッキリします。元気になれました。
自分の心の中を晒すことは中々難しいし、いつの間にか心の内を話す機会が無かったのです。これから、心理学やカウンセラーのことなど勉強していきたいです。

● 自分自身のことを振り返るいい機会になりました。自分の中では、辛かったこと、悲しかったことなども、カウンセリングをする上でいい経験になると言っていただいて、とても勇気づけられました。ありがとうございました。

●誰かに話を聞いてもらうということはとても大事なことだな、と思いました。コミュニケーションの場という点でも、良い機会でした。確実に受講前とは気持ちが変わりました。これから前向きにいきたいと思います。どうもありがとうございました。

● あっという間に終わってしまった感じです。身近なところで始めることで、いろんなことが変わっていく予感がします。ありがとうございました。

● 出来ないのは、やっていないだけ、との先生のお話に励まされました。自分のパターンに気づき、意識することをやっていきたいです。

● 自分自身の考え方の傾向が分かった。大変面白いと思う。

● 松尾先生の講座は2回目でしたが、前回も今回も新しい自己発見がありました。これからも、チャンスがあれば松尾先生の講座には出席したいと思っています。

● この講座で感じた気持ちを大事に、今後生きていこうと思います。ありがとうございました。

● 自分を見つめ直す機会になり、とても良かったと思います。自分を知ることができました。

● 参加者の皆様の気持ちを伺って、非常に勉強になりました。ありがとうございました。

● とても心に響く内容の講座で、大変勉強になりました。今回の受講をきっかけに、より深く学んでいきたいという気持ちになりました。

● 先生の説明やワークをやって、改めて自分の事、今後の目標がよく分かり、参考になりました。


スポンサーサイト

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

18 : 18 : 43 | 人間関係 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

人間関係の秘密の法則

人間関係の秘密の法則  

(2014.5.7のメルマガの記事を掲載します。)

家庭、学校、職場等々、どんな場面でも、
そこでの人間関係によって、どんな体験になるかは大きく左右されそうです。
とは言っても、一筋縄ではいかないのが人間関係ですよね。
気の合う相手、合わない相手など、色々あります。

気に入らない相手は自分の思うように変わって欲しいでしょうが、
相手をコントロールしようとすると、必ずや摩擦が生まれます。

一見、相手が言いなりになってうまくいったようでも、
相手が自分で考えない依存的な人になっていったり、
実は不満を飲み込み徐々に関係がまずくなっていたり、
あからさまに反発を食らったり・・・

ただ、ちょっと振り返ってみてください。
自分がもめがちな人とそこで味わう気まずい思いには、
お決まりのパターンがありませんか?

例えば、物事をキチッとしたいシッカリさんは、
気分でコロコロ変わるいい加減な人が許せなくなりがち。
イライラし、相手にガミガミ言いたくなるでしょうが、
相手は言われるほどに委縮して、もっとミスをし無責任になったり、
やる気がさらになくなり、適当にスルーしたり・・・
シッカリさんは、一人で背負い込んで相手の分まで頑張るけれど、
感謝もされずに相手にうとまれ、虚しさと怒りが燃え盛る・・・
なんてこと、ありませんか?
親子関係でもよくあると思います。

他にも、いつも目的をもって頑張る人は、
クヨクヨ考えてばかりで行動しない人を見ると、
あれこれアドバイスして励まし、何とかやらせようとしがちでしょう。
ところが、クヨクヨさんはそうされると逆に、
わかってもらえない苦しさがつのって落ち込み、
益々自分の殻にこもって行動しなくなりがち・・・

合う合わないというのも、実は見えない力学法則に左右されているのです。

つまり、相手を自分の方に引っ張ろうとすると、
相手は無意識でバランスを取ろうと逆方向に行き
悪循環を繰り返してしまうのです。

この世界は、陰と陽、光と影、男と女など、
両極のバランスの上に成り立っているので、
片方だけでは現象は消えてしまいます。

人間関係にも同じ力学バランスが働くので、
自分が片方に偏ると、相手はその逆に行かざるを得なくなるのです。

そもそも、人が生きる上で大事な4つの根本的な価値があり、
4つのどれをより大事にするかは人それぞれで違います。
4つの価値のバランスのとり方の違いによって、
感じ方、考え方、コミュニケーションや行動の仕方、
周りへの期待や傷つき方、人生の目標等も異なります。

ところが人は、自分が大事な事は他の人も同様に大事だろうと思い込みがちで、
それが誤解の始まりです。
実際は、人それぞれ優先していることが異なり、
その違いによって摩擦や問題が生まれているのです。

その仕組みを端的に表した 『人間関係相関図』を
私なりの学びや経験を活かしてつくりました。
この図で自分や相手の位置関係を知ると、
二人の相互作用によって起きる感じ方、考え方、生き方の違いと、
起きがちな摩擦の仕組みが一目瞭然に見えてきます。

それが体験できるのが、
『人間関係力学の秘密コース』です。
今まで沢山の方に受講頂きましたが、
老若男女を問わずどんな方にも、
『あらゆる人間関係の仕組みが解け、人間関係が変わっていく』
と大変好評を頂いています。
親子、夫婦、仕事関係、友人等、どんな関係にも当てはまります。

自分は4つの基本的価値をどんなバランスで活かしているかに気づくと、
人とどんな関係になりがちか、起きがちな摩擦や問題の仕組みが見えてきます。

自分が活かしていない力があると、それを出している人に魅かれる一方で
嫌にもなり、人間関係や人生での出来事や問題に如実に表れてくるのです。

セミナーでは、様々な実習を通して、
人間関係で起きがちな問題のパターンと解決法、
違いを活かし合う豊かな関わりの大事なポイント、
さらに、自分の潜在力の活かし方等が見えてきます。
目からウロコのたくさんの気付きと共に人への理解が深まるでしょう。

そして、実際に実践していくと、人間関係が変わっていきます。
相手を変えようとしなくても、自分の中のバランスを変えるだけで、
相手との関係が自然に変わっていくのです。


お知らせが直前になってしまいましたが、
明日5/8から、この『人間関係力学の秘密コース』が始まります。
明日からは無理だけれど興味があるという方には、
パソコンを使った『ネット受講』も可能です。
ネット上でお好きな時にご自宅で受講出来ます。
勿論、直接参加できる時は、来てもいただけます。

また、以前、人間関係力学コースを修了した方は、
受講料半額で再受講も可能です。
受けたい回だけの部分受講も出来ますので、
ご希望の方は、お気軽にお知らせください。

人間関係から人生の出来事が生まれるのですから、
人間関係の質は、人生の質を決めるとも言えそうです。
より豊かな人間関係づくりに、あなたもいかがですか?

詳しくは、以下の通りです。


★★人間関係力学の秘密コース★★

【流れと概要】
①5/8  人間関係力学の仕組みと4つの根源力
②5/15 人間関係力学の具体例と実習
③5/22 志向性の違いによる人間関係の問題パターンと意味
④6/5  志向性の違いによる人間関係の問題パターンと意味
⑤6/12 未活用の力とその活かし方
⑥6/19 未活用の力とその活かし方
⑦7/3  互いの違いを活かし合う豊かな関わり方
⑧7/10 互いの違いを活かし合う豊かな関わり方


【日時】全8回 5月8日 ~ 7月10日 (水) 10:00~12:30AM
 ①5/8 ②5/15 ③5/22 ④6/5 ⑤6/12 ⑥6/19 ⑦7/3 ⑧7/10 

●ネット受講可能
パソコンでお好きな時にネット受講することも出来ます。
動画配信サービスUstreamを使いますので、
ネットが見られるパソコンがあれば、どなたでも受講できます。

欠席時も、ご都合の良い時にネット上で視聴できます。

各回ごとにDVDにして送付も可能です。
(別途DVD代500円/1回分+送料要)
詳しくは、申し込み時にお伝えします。


【会場】manaレインボールーム(緑と花の癒しの空間)
 東急田園都市線「市が尾駅」から徒歩10分

【受講料】全8回受講料 (ネット受講も同額)
  一括払割引:32,000円  各回払:初回 4,800円 その後 4,000円

  ※以前に人間関係力学コースを修了した方は半額で受講可
   一括払16,000円 各回2,100円

【講師】 松尾 直子
 心理カウンセラー  各種セミナー講師
 著書「インナー・チャイルド」講談社

【問合せ・申込み】 mana レインボー http://www.mana-rainbow.jpn.ch
E-mail:info@manarainbow.com
Tel&Fax:050-7517-8721

     
【今までの参加者の声】

○貴重で有意義な講座でした。本当に人は相手の力を押し込めて相手の自信を失わせているんだなぁと実感しました。ちょっとやり方を変えるだけで、相手が力を生き生き発揮できることを知ったのは大きな収穫でした。4つのどのパターンの話でも、うなずけることばかりで、聞いていて本当に面白かったです。これからの毎日の中で、親、夫、友人に対して実践して、より楽しく生きていきたいです。ありがとうございました。

○このセミナーを受講して、自分がいかに自分の枠にとらわれて生きてきたのかに気づかされました。
その枠を守っていれば「安心」、はずれたら「不安」、そればかりで、もっと外にはたくさんの枠があって、枠にとらわれないことでどれほど豊かに生きていけるかがわかりました。
これからは、創造力を生かして、やわらかく、しなやかに生きていけたらいいなと感じました。

○全く自分には無い!と思うような考え方・感じ方があるんだぁ~と、目の前がパッと開けたように感じました。
いかに自分のパターンにはまり込んでサングラスをかけて見ている部分があるかと感じました。

○人間関係力学の相関図で、見たくなかった部分や、人間関係でうまくいったこと、いかなかったこと、一目でわかるので、考えやすくなりました。色んな人の発言を聴き、自分で話すことで、自分の周りの人間関係が随分整理され、悩みが減って楽になりました。

○自分と対極にいるタイプの方の、なぜそう言うのか、そう思うのか、といういきさつを聴いて、とても共感し涙が出ました。共感して思いを受けとめたら、存在が近く感じられるような、そんな気持ちになりました。

○自分も相手との関係で4つのうちの色々な位置に移るんだということが分った。 自分が求めているものは、小さい頃からの欲求や、かなわなかった思いなどと深く繋がっているということが分かり、自分が相手に対してどうしていったらいいかが分かった気がする。

○私がどうして同じタイプの人ばかり周りに呼び寄せてしまうのか、人間関係力学の相関図でよく分かりました。スッキリした感じです。

○自分の気持ちだけで人を判断しない、ということを学びました。人それぞれタイプがあり、自分の考えが全て正しく、「こう感じないのはおかしい」と思う方がおかしいと分りました。

○違いは恐いものではなく、宝なのですね。自分にも相手にも興味を持ち続けたいです。

○人間関係のバランスの大事さがよくわかりました。自分の中にある色々な力を、時に合わせ人に合わせながら出していくと、楽しくなっていくような気がします。そういった感じで主導権を持つと、世界が広がるような気がします。

○全てのタイプの人が、自分を受け入れてもらうこと、自分自身をそのままひっくるめて包み込む優しさを欲しているので、そんな大きな優しさに私はなりたいと感じました。

○内容がとても深く、実際にそれぞれのポジションに分かれてのディスカッションがとてもおもしろかったです。そして、内面に秘めた思いについてのお話は、「深いなー」と思いました。

○人間関係相関図の説明を聞き、全部に自分が当てはまっていると思いました。そして、夫や友人など、相手によって自分が違う面を見せていることがわかりました。「相手を変えたければ、自分の方が変わればよい」とよく世間で言われますが、その意味が具体的にわかってきたように思います。

○自分のあまりしていない型の中に、過去の傷、恐れがあり、それに気づいていくことでもっと豊かな自分になれるのかなぁと感じました。

○正しい事が正解ではなく、正しい事に対しての優先順位が人それぞれ違うことが徐々にわかってきました。正解が一つではない、1人1人の価値観を大事にしていき、自分自身も大事にする事を増やしていきたい。

○相手のことのみならず、自分の性格、中味がより認識できたように思います。自分の内部が広がったように感じ、自分を活かす方向がつかめてきました。勇気づけられ、元気をもらえた講座でした。

○いつも自分が出していた感情が、相手を責めるだけで終わってしまっていたことに、今まで気づかずにいました。相手にどう映っているのかがやっとわかってきたと思います。一歩進めて、もっと相手の深いところを聴いていけば、お互いの交わるところが見えてきそうな気がしました。

○対極同士の意見交換は、具体例を話していただいた為、非常に理解しやすかった。どの型も本当は皆、もとは同じ心を持っていて、共感できるところがあるように感じた。誰もが自分らしく生きて、相手を思いやることを忘れずに過ごしていければ、全ての人が幸せになれると強く感じました。

○それぞれの立場によって満たされ方が違うことが、はっきりわかりました。今後の人間関係で声をかけるにも参考になります。その人なりの資質を認め、活かし合い分かち合えたらいいなと思いました。

○自分の今いる場所も相手も受け入れつながり合えたら、とてもよい関係になることがわかりました。感情が全てのキーになっていて、滞らないよう自分や相手も見ていきたいです。 色々な立場の方を客観的に受けとれるようになって良かったです!



テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

18 : 03 : 24 | 人間関係 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。