スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

祈りの日

1年前の今日、大津波が家々を飲み込む様を、テレビで目の当たりにし、
悲痛な思いと無力感でいっぱいになったのを思い出します。

東日本大震災で亡くなられた多くの命が、
次の世界で心安らかに過ごされていることを心からお祈りします。
被害にあわれ、今も辛さを味わっている方々が、
一日も早く心穏やかに過ごされますよう、心よりお祈りいたします。

あれから1年。
原発から放射能があふれ、数々の困難に直面しつつ、復興への道を歩んでいる日本。

テレビには、被災地の様子や被災された方々の思いがたくさん報道されています。
それらを見ていると、様々な深い思いが湧いてきます。

人ってすごいなぁ
こんな困難の中でも、こんな悲しみがあっても、生きていけるのだな
ギリギリの状況になった時、人が大事にするのは、
大切な人との絆なのだな

今もテレビで、屋根の上に乗って3日間漂流した末に救助された男性(新川さん)が、
当時のことを、一緒に生き残れなかった奥様への思いを、切々と語っています。

奥様がきっと届けてくれたのだろうという、奇跡的に流れてきた濡れていない布団、
それにくるまり寒さに耐えながら、愛する奥様の事を生きて皆に伝えたい一心で、
「別れるこ~と~は辛いけ~ど~」と歌いながら、一人海の上で頑張ったそうです。

その歌を聴き、涙があふれました。

きっと映画『ゴースト』のように、奥様がご主人を助けようと
懸命に布団を届けてくれたのでしょう。

きっと今も、特に今日は、
目には見えなくとも、亡くなられたたくさんの方々が、
残った遺族の方々を応援したくて、思いを送ってらっしゃることでしょう。

人の心の絆の強さと深さ、大切さは、
なくしてから改めて気付かされるのかもしれません。

たくさんの方々の悲しみを無駄にしないよう、
身をもって教えて下さったことを、受けとめ活かしていきたいなと思います。

毎日、ご飯が食べられること、家があること、
周りの人と仲良く暮らせること・・・
当たり前のようでいて、
実はとってもとっても幸せなことなのだなと痛感します。

大事に日々を生きたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災 - ジャンル:日記

22 : 49 : 53 | 日記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<母娘劇団第1弾 オリジナル声劇  『クリスマスの夜に ~幸せなプレゼント~』 | ホーム | 猫のような創造的生き方>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。