スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

特定秘密保護法案は国民の目覚めへの警鐘?

特定秘密保護法案、民意を無視して独裁採決

特定秘密保護法案が、6日深夜、
国会周辺に押し寄せた4万人の国民の「絶対廃案!」の怒声が響き渡る中、
民主主義に逆行した超独裁的なやり方で可決されました。

弁護士によれば、この法案は、憲法21条、自由権規約19条で保障された表現の自由を侵害する違憲立法で、権威ある国際原則「ツワネ原則」にもことごとく反しているとのことです。

安倍総理は9日夕方のTVの生中継演説で、アメリカや他国との国際的な基準に合わせる為にこの法案を早く成立しなければと言っていましたが、そのアメリカから国際基準に合わないと痛烈な批判が来ています。(下記、ニューヨーク共同通信より)
総理の詭弁が証明されてしまいました。



 【ニューヨーク共同】

【秘密保護法「日本の後退」】
「21世紀に民主的政府が検討した中で最悪」


 民主主義の発展や人権擁護に取り組む米財団「オープン・ソサエティー」は6日までに、日本の特定秘密保護法が国家秘密の保護と開示に関する国際基準を「はるかに下回る」とし、「日本の一歩後退」を示すことになると懸念する声明を発表した。
 声明は、秘密指定の範囲が「曖昧で広すぎる」とし、指定の是非を独立機関が監視する仕組みを欠くと批判。罰則が最大懲役10年と重いこと、情報を漏らしても開示の公益が勝れば罪に問えないとする規定がない点も問題視した。
 米国のいくつかの同盟国も、秘密指定は公益との兼ね合いを考慮するよう規制し、漏えいの罰則は5年の刑が最大だと指摘した。また、各国や国連の専門家が作成し、今年6月に公表した「国家安全保障と情報への権利に関する国際原則(ツワネ原則)」を大幅に逸脱するとした。
 声明の中で、同財団上級顧問で米国の国防総省や国家安全保障会議(NSC)の高官を務めたハルペリン氏もコメントし、特定秘密保護法が「21世紀に民主的な政府が検討した中で最悪の部類」とした。
(共同通信)




9万件の国民のパブリックコメントの8割は反対、慎重審議を訴え、全国で抗議デモが起こり、ノーベル賞受賞者3名を含む3181人の学者達や、名だたる映画監督達等の映画人約300人、弁護士会やマスコミ界、他多数の各界の団体が抗議声明を出し、国連のピレイ高等人権弁務官と2人の国連特別報告者からさえ反対意見が出ているのに、民意も、抗議声明も、公聴会も、国際社会の反対も全て無視した強行採決です。

国会での審議の模様もネット上で視聴しましたが、
推進派は野党議員の質問にまともに答えず、
「国民に充分知らせ、充分な審議をした」と平然と嘘をつき、
中川議長は野党議員の質問や意見を完全無視し、
民主主義のかけらもない議事進行に、開いた口がふさがらないと言うか、
どう見ても数に物言わせた暴挙としか言えない審議と採決でした。

子供には絶対見せたくない風景で、
「こういうのを独裁的って言うのよ。こんな話し合いは決してしてはいけませんよ」という最悪見本として使えそうな、民主主義のかけらもない超独裁的議事進行と採決。
こんなことが日本の最高府たる国会で堂々と起きている・・・?? 目を疑いつつ、
日本の民主主義の崩壊を感じました。


国会を囲んだ4万人の思い

6日の採決時は、私も国会前の反対集会に参加していましたが
国会前を物凄い数の警官が何列にもなって取り囲み、異様な雰囲気でした。

目の前に立ちふさがる若い警官達に向かって、戦争を経験した年配の男性が、
「治安維持法と同じなんだぞ。戦争になったら、お前らが駆り出されるんだぞ。
目を覚ませ」と真剣に訴えかけていましたが、警官たちは何を言われても表情一つ変えず、無言のまま。

国民を守るはずの警官が、こんなに沢山の国民の声を無視し
憲法違反の法案を通そうとしている政治家を守る・・・
違うでしょ!! と感じると共に、
彼らはどういう思いで立ちはだかっているのか、考えてしまいました。

国民の大反対の怒号の中で、賛成票を投じる自民党と公明党の議員達もそうです。
民意を代弁すべく選ばれた議員が、国民の声や不安を完全無視し、
どんな思いで法案に賛成しているのでしょうか?

組織の歯車になってしまうと、
自分で感じ考え行動するという自由意思はなくなるのでしょうか?


ただ、彼らのことばかりを責められない気もします。

どんな社会にしたいのか、自分で感じ考え行動する事をせず
政治家に任せきりだったことが、原発問題も様々な社会問題も、
生んできたように感じます。

今までお任せ状態で政治を傍観していた人が多いからこそ、
そのツケがこんな形で吹き出したとも言えるように思います。

だからこそ、私自身、反省の思いを込めつつ抗議の集会に参加しました。

国会に向かう電車の中、秘密保護法案には関心がなさそうな多くの人々、
議事堂前の駅で降りる人の数も少なかったけれど、国会前に来てみると、
老若男女沢山の人人人…それぞれが自分の真摯な思いで来ているのを感じます。

列に入って、しばらく大声でシュプレヒコールに参加していたら、
すぐ隣に、私のセミナー受講生のKさんがいるではないですか。
数万人もいる中、待ち合わせたわけでもないのにすぐ隣に!
見えない導きを感じて2人で歓声を上げ、一緒にシュプレヒコールを飛ばしました。

中には、署名活動をしている高齢男性もいらして、聴けば、
戦時中、治安維持法で大変な思いをした多くの国民への補償を訴えているそうです。
戦犯である当時の幹部には手厚い金銭的保障があったけれど、
命を亡くしたり、幹部よりずっと大変な思いをした一般市民には、いまだに何の補償もないそうです。
あの恐ろしい時代の再来を何とかくい止めなければという切実な思いを感じました。


私は仕事の後で夕方から参加したのですが、採決までの7時間、大声で反対を叫び続けましたが、とうとう夜中に強行採決され、法案成立と聞き、愕然としました!

その後もしばらく皆で、「採決無効ー!!」と大声で叫び続け、
真夜中の12時頃に解散となりました。

周りの方と少し話したら、皆さん遠くから駆けつけていてビックリしました。

隣にいた親子3人連れは、何と山口県から12時間もかけて車でいらしたそうです。
安倍首相は山口が選挙区なので責任を感じて、とも言っていましたが、
祝島の原発建設反対運動もされているそうで、とっても素敵な親子でした。
これからまた12時間運転して帰ると屈託なく言われ、物凄く頼もしく感じました。

30代の男性は、「いても立ってもいられずに仕事後に大阪から駆けつけ、着いたのは午後10時半。これからまた夜行バスで帰る」とのこと。頭が下がりました。

他にも、静岡県からいらしていた年配女性等々、
皆さん、自分の意思で熱い思いを持って行動されていて、
そんな人がこんなにたくさんいるんだと、同じ日本人としてすごく嬉しくなりました。

法案施行までまだ時間があるので、それまでに法案を無効にしよう。その為の様々な活動を始めようと、周りの人と意を決して、解散となりました。

ですから、これからが始まりだと思っています。

ちなみに、以下のサイトで弁護士の方が、私達にこれからできる事を提案しています。
是非、ご覧下さい。

秘密保護法を考える市民の会
http://stophimitsu.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-fe67.html



秘密保護法は、国民の目覚めへのチャンス?

法案撤廃に向けての活動だけでなく、今回のことは、
日本人全体が生き方を振り返るチャンスでもあると思います。

日本人は、多少変な事があっても、周りに合わせて自分の思いを飲み込み、
長いものにまかれがちなところがあると思います。

周りに合わせ敷かれたレールに乗っかる生き方は、
自分で考え決めなくていいので楽かもしれないけれど、
それがどこに続いているのかも忘れてしまいがちでしょう。

自分は一体どこに向かって走っているのかをきちんと見きわめて、
本当に行きたい方に向かっているのでなければ、それにNOと言い、
そのレールを下りる勇気を持つことも必要でしょう。

経済優先の安倍内閣が敷いたレールは、
地球と命と共に生きる大切さを思い知らされた福島原発事故への反省もなく、
原発推進、TPP推進、福祉切り捨て、さらには秘密保護法と
地球と命、個人の尊厳や自由を破壊する方向へ暴走しているように感じます。

よく考えもせず、敷かれたレールにただ乗っていくのではなく、
今こそ、自分は本当は何処に行きたいのか、
自分で感じ、考え、決める事を問われているように思います。

行きたい所に行ける本当の自由は、
自分の行先を自分で感じ考え決めて行動し、責任を持ってこそ得られるのでしょう。

自分で感じ考えて決め行動する責任を果たさなければ、自由もなくなるという事を今回の秘密保護法は象徴しているような気がします。

今こそ、一人一人が社会で起きていることを、我が事として自分で感じ考え、
自分が本当に望む方に向かって行動し、新たな道を切り開いていくべき時
でしょう。

「特定秘密保護法案成立」は、日本人一人一人が、
長いものにまかれる生き方から、自分で舵を取る生き方に目覚め
本当に幸せな社会を創っていくための試練であり、チャンスでもあるように思うのです。

スポンサーサイト
05 : 37 : 21 | 新時代への生き方 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<人間関係の秘密の法則 | ホーム | イメージで地球を癒そう>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。